TOEFLのレベルってどの位の物なのでしょうか?

TOEFLのレベルってどの位の物なのでしょうか?

ここ最近、自宅近辺にも幼児向けの英語教室が結構増えてきています。何しろ、ちょっと歩けば「あ、ここにも教室があったのか?」的な発見をするのですから、その急増ぶりは容易に推測できると言うものです。

正直、この様な状況に対しては「そんなに増えて、いい先生が確保できているの?」とか、「過当競争になりそうだな」等の余計治せわな感じの思いを抱いてしまうのですが、見た感じでは経営が成り立っている様なので心配は要らないのかも知れません。

まあ、自分の子供をこの手の教室に通わせている親御さんの方が、英語はからっきしなので、先生の英語力が大した事がなくてもその事に気が付かないと言った感じなのかも知れませんが。

さて、そんな話はさておき、皆様はTOEFLと言う試験をご存知でしょうか?もうすっかり世間での認知が定着したTOEICと同様に英語検定試験なのですが、TOEFLの方がより難しいテストです。あるいはアメリカの大学や大学院に留学する際には、TOEFLのスコアで良い点を取らなくてはいけないと言った事はお聞きになられた事があるかも知れませんね。

さて、TOEFLですが、実は大型書店では英語試験関連コーナーでこのテストの過去問等、関連書籍がおいてあったりするのですが、この手の本を一度立ち読みしたことがあるのです。

実は私は日々英語の勉強を重ねているのですが、勉強の中には洋書の読書が含まれています。そのおかげで、TOEFLの文章問題で出てきた英文もごく普通に読めました。読んで思ったのですが、このTOEFLの英文はTOEICの最後の長文問題よりもより実践的なものだが、しかしまるで国語のテストに出てきそうな感じの文章でした。なのでTOEFLで高スコアを記録すれば、後はネイティブの人と日常的に会話するだけで一気に英語力が洗練されていくのではないかと思います。ま、確認した訳ではありませんけどね。