MNE英語|英語で話す訓練や英語文法の勉強は…

スピーキング練習は、最初の段階では英会話というものでしばしば使用される、基本の口語文を組織的に繰り返し訓練して、ただ記憶するのではなく勝手に言葉として出てくるようにすることが極めて効果が高い。暗記していればその場逃れはできるかもしれないが、永遠に英語の文法自体は、身に付かない。むしろ分かるようになって、全体をビルドアップできる能力を得るこ…

続きを読む

MNE英語|英語の勉強法には…

人気のyoutubeとか、WEBで利用できる辞書とかSNSなどの活用により、日本の中で全く簡単に『英語まみれ』になることができるし、大変有益に英語を学習することができる。アメリカにある会社のコールセンターというものの多くの部分は、外国であるフィリピンにスタンバイされているのですが、問い合わせているアメリカの人達は、受け答えしている相手がフ…

続きを読む

MNE英語|英語を話すには…

TOEIC等のチャレンジを目論んでいるのであれば、人気の高いAndroid等のプログラムの『English Upgrader』というのが、リスニング力のグレードアップに有益なのです。わたしの場合は、リーディングの勉強を何度もこなすことにより表現というものを多くストックしてきたから、それ以外の他の3技能(リスニング・ライティング・スピーキン…

続きを読む

MNE英語|意味することは…

意味することは、言いまわし自体が着実に耳で捉えられる程度になってくると、フレーズ自体を一個の塊でアタマに積み上げることができるようになるのである。NHKでラジオ放送している英会話のプログラムは、どこにいてもPC等で聞けるので、語学系番組の内では人気が高く、料金が無料で高品質な内容の英語教材はございません。どういうわけで日本の人たちは、英語…

続きを読む

MNE英語|自分の場合はいわゆるフリーソフトの英単語学習ソフトを有効活用して…

日本に暮らす外国人もお客さんになってやってくる、評判の英会話Cafeは、英語を学習中だけれども実践の場がない人と、英会話をするチャンスを求めている方が、両者とも会話をエンジョイできる空間です。スピードラーニングという英語学習は、吹きこまれているフレーズ自体がリアルに役立ち、英語を母国語とする人が、普段の生活で使うようなタイプの言葉の表現が…

続きを読む

MNE英語|会話することや役割を演じてみることなど…

いわゆる英会話の大局的な知力を高めるには、英語のヒアリングや英語でのスピーキングの両者を繰り返しレッスンして、もっと本番に役に立つ英会話の技術を備えることが肝要なのです。多数の慣用句を学ぶということは、英語力をアップさせる最高のやり方であり、母国語が英語である人は、話しの中でしばしば慣用句というものを使います。緊張しないで話すためには、「…

続きを読む

MNE英語|某英会話学校のTOEICテスト向け対策講座は…

最近よく耳にする「30日間英語脳育成プログラム」は、耳に入った言葉を話してみて、反芻して復習します。そうするうちに、英語リスニングの能力が目覚ましく改善するのです。楽しみながら学ぶをスローガンとして、英会話のトータル力を鍛えるレッスンがあります。そこではテーマに合わせたダイアログを使って会話力を、トピックや歌等色々な種類のテキストを用いて…

続きを読む

MNE英語|英語の文法的な知識といった知能指数を上昇させるだけでは…

ロゼッタストーンというソフトは、日本語自体を使わない状態で、習いたい言語に浸りきった状態で、外国語を獲得する、ダイナミック・イマージョンという大変優れた習得手段を活用しているのです。英語の文法的な知識といった知能指数を上昇させるだけでは、英会話はうまくならない。それに替って、英語的な「心の知能指数」をアップさせることが、英語を使うために、…

続きを読む

MNE英語|ドンウィンスローの作品は…

英語自体に個性的な音同士の連なりがあるのです。このことを頭に入れていないと、大量に英語を聞いたとしても、全て判別することができないと言わざるを得ません。いわゆるTOEICのチャレンジを計画しているとしたら、Android等の携帯情報サービスの無料ソフトウェアである『English Upgrader』というトレーニングプログラムが、ヒアリン…

続きを読む

MNE英語|文法用語のコロケーションとは…

そもそも直訳はやめることにして、欧米人が発する言い方を直接真似する。日本語の発想方法でちゃらんぽらんな文章を作らない。日常的な言い回しであれば、その分単語だけを英語として変換しても、ナチュラルな英語にならない。よく英会話という場合、もっぱら英語による話ができるようにすることに限らず、けっこう英語のヒアリングや、言語発声のための学習といった…

続きを読む