フィーリングでつかむ!「ディズニーの英語」で楽しい英語学習を

「どうせやるなら、楽しくやりたい!」英語学習への一番の思いは、これにつきます。しかし、楽しく学習するにはどうすればよいのでしょうか。書店に行くと、現在は様々な英語教材が並んでいます。現役の中学生・高校生はもちろん、社会人になってからもう一度英語を勉強したい人にも向けたバラエティー豊富なものが目を引きます。

最近の傾向の特徴としては、CD付のテキストが増えているということですね。これは「生きた英語を耳から取り入れる」という効果があります。自分で発音するにも不安があったり、イメージがつかみにくかったりするために英語が苦手になる人にとっては、非常に効果的な視点からの学習方法になります。私自身も「自分が楽しめる教材はないか」と書店の英語コーナーを物色していたのですが、何やら面白そうな教材を見つけました。

それは、「ディズニーの英語」というシリーズです。「くまのプーさん」や「ミッキーマウス」など、おなじみのディズニーキャラクターのストーリーが絵本仕立てになっており、最近人気の「アナと雪の女王」や不動の古典「白雪姫」などもあります。これもやはりCD付です。私が購入したのは「ミッキーマウス」です。魔法使いの弟子に扮した有名な「ファンタジア」や、童話をモチーフにした「ミニーの赤ずきん」や「ジャックと豆の木」など8編が楽しめます。

あのすばらしいディズニーの絵の世界が、美しい色彩と共に読者の目の前に現れます。ストーリーの英文は一見難しいようにも見えますが、そこは各ページの下にあるボキャブラリー解説を見ながらフィーリングでつかめます。

ありがたいことに、日本語訳も各ストーリーの最後に掲載されています。CDを使って英文をたどると「シャドーイング」という学習方法になります。耳から英文を聞くのと同時に、目で英文をたどるのです。慣れてきたら、CDと一緒に音読をします。そうすると、英語のリスニング力もアップします。難しい文法に辟易してしまう方にこそ、楽しくストーリーと絵と音声で楽しめる「ディズニーの英語」での学習はおすすめできます。