英会話でドキドキしないための方法

英会話において、こちらが何かをしゃべって通じないとき、その大半は言ったことが間違っているかではなく、肝心なところが相手に良く聞こえなかったからです。そこで相手はI beg your pardon?(何とおっしゃいましたか?)と聞き返します。聞き返された日本人は、「ああ、やっぱり自分の英語は通じないんだ」と勝手に思い込み、がっかりして黙り込んでしまいます。たとえばMay I have your name,please?と聞かれたとしましょう。

大半の日本人は、My name isまでは大きな声で答えますが、肝心の名前のところは小声でボソボソと言うことになります。それでなくても英語圏の人にとって、日本人の名前は聞き取りにくいのに、その上良く聞こえないとなれば、当然聞き返されます。

相手の名前を聞いているのだから、My name isなどと言わなくても、相手からすればMy nameに決まっているのです。肝心の名前のところが聞きたいのに、つい日本式に言ってしまうから通じないのです。Pardon?と聞き返されたくらいでガッカリせず、なんだ聞こえなかったのかぐらいに思って、大声で胸を張って、繰り返して言ってみましょう。

そのためには、普段から正しい発音で、しっかりした声で練習しておく必要があります。また、相手が自分より背が高いと、相手を見上げながら話すことになり、何となく劣等感を感じるものです。そんなときは、相手を上手く座らせて、見下ろすような姿勢で話すことです。そうすれば、心理的にずいぶん余裕が持てます。