クラウドソーシングでの英語の翻訳作業について

クラウドソーシングで、自分でも仕事がそこそこできそうだと考えた分野のひとつが英語関連です。といっても話し始めりゃカタカナ丸出しのオッサン英語で、今の職場でも仕事で英語を使っているわけでもなく、正直大したレベルではありません。ただかつて短期間ですが海外で勤務したことがあるというのと、(ずいぶん前に受けた)TOEICで800点台のスコアが出た というのが、数少ない自信(過信)のよりどころです。

さてクラウドソーシングのサイトをいろいろ調べてみると、英語がらみでは翻訳の仕事というのがあるようなので、このあたりを少し味見してみようと考えました。大手のサイト以外にも、翻訳を専門に手がけているサイトもありました。ここはWebテストに合格しないと仕事ができない仕組みになっていたのですが、時間制限がないのをいいことに、入念に時間をかけテストに挑み、なんとか合格することができました。この時点では結構明るい未来を夢想していたのですが・・・

実際にやろうとすると、ちょっとばかり英語ができる程度の一般人にとって、仕事として翻訳作業を請け負うということが、想像以上に大変なことだということがわかってきました。まだおそるおそる覗き始めている段階なのですが、今感じているのは、

・そもそも案件がそう多くあるわけではない。

・たまにあっても、歴戦の強者(と勝手に思い込んでいるだけかも知れませんが)から提案が殺到し、とても勝てそうな気がしない

・結構ボリュームの大きい案件が多く、片手間でやっつけられるレベルではない

といったところです。もう少し様子をみてみようとは思いますが、現時点では「甘くないな」というのが正直なところです。

参考:クラウドソーシング比較サイト