ビジネス英会話とはどのぐらいのレベルか

ビジネス英会話とはどのぐらいのレベルか

以前は英語といえば受験英語のイメージがありましたが最近ではビジネス界ではよりグローバル化が進みどちらかというとビジネス英語という言葉の方がよく聞かれるようになったと感じます。

ビジネス英語というと一般的にはどちらかというと比較的レベルは高めの英語というイメージをもたれているかもしれません。それは受験英語と違ってビジネスの英語は実際に使うことが想定されているのでネイティブと対等に英会話で交渉できる英語というふうに考えられているからかもしれません。

いわゆる資格やテストなどで言えばTOEICではスコア800以上英検なら準1級以上などと日本人ではかなり英語のできる部類でないと得点できないレベルを求められると考えている人も多いようです。

履歴書などで記入できるのはこのビジネスレベルでないと意味がないということも言われることもありますが、実際の英語を使うことを想定した求人ではもう少しレベルを下げたものも見受けられます。もちろん通訳や翻訳という英語を専門にするレベルならより高いものが求められますが、そうでないいわゆる貿易で輸出入の実務レベルでマニュアルどおりの英語を使ったり、技術職で海外とやりとりすることもビジネスで英語を使っているわけで、それらはそこまで高い英語力を使う必要がない場合も多いはずです。

ビジネス英語レベルと無駄に高い英語力を求めるよりも、英語の基礎があればどちらかというと業務の中で英語のレベルを上げるという発想の方がより英語をうまく使えるのではないかと思います。